講座を終えて…

 2011.09.23.
 
★自動調律法の実習を!vol.1「活元指導の会」を開催しました! 

              東京近郊での初めての活元会でしたが、多くの方にご参加いただき
              会が進行するにつれ、会場の場の気が充ちて、皆さん、大変質の高い
              活元運動(自動調律運動)が出ておりました。
              最後にご紹介した洗毒のための自動調律法の実習もよく、研鑽されていて
              「身体の世界」、身体の裡側から感じ、考えると云う身体智の世界に
              皆さん、一歩足を踏み込まれて、それぞれ感じる処があったようです。
              今後も、このような会を引き続き開催できればと計画しております。                             

  2011.11.03.
  
★vol.2身体あかり講座〜愉気法」を開催しました! 

               愉気法(掌当て法)と云うものが、初心である方がほとんでありましたが、
               参加された皆さん、実に感覚鋭く、ご自分の体感覚を持って
               この不可思議なるもの“気の感覚”と云うものを感じ取ろうとされており、
               大変、密度の濃い実習が出来たと感じました。
               視線への共鳴の不思議…、気を輸(おく)り、亢まれば、もう1点別の処に
               集注点がポッと点灯すると云う気の動性…等、普段の生活では気がつかない
               営々刻々に動きやまない身体の要求を先導する“気の運動”と云うものを
               皆さん、ほんの入り口からでも覗き見れたのでは、と今後が楽しみな余韻を
               感じさせる会となりました。

  2012.01.22.
   
★vol.3「身体ゆらり講座〜活元運動」を開催しました! 

               寒々した小雨が時折降る中、お集まりいただいた参加者はごくごく少人数。
               告知が大幅に遅れた当方の責任もありますが、寂しい開催とはなりました。
               しかし、今回は前回出来なかった数種類の相互運動を行なえて、、
               身体の相互の気の交感が、どのように発展するのかが、きわめて興味深く
               実習出来た会となりました。。

  2012.03.31.
   
★vol.4「身体きのり講座〜体癖入門編」を開催しました! 

               突風が吹き荒れ、雨まじりのまたまた悪天候の開催となってしまった今回。
               けれど、初めての体癖講座には十分な人数の方にお集まりいただきました。
               ある程度、体癖論に触れられている方が多かったので、体癖よもやま話し
               から始まって、メインの「感受性の角度」と云うものを実感していただくよう
               実習をいくつか、おのおの感じながら、普段何気なく通り過ぎていた感覚を
               意識的に体感していただきました。
               体癖は、個々の感覚の微妙なズレとその表現の方向性の差をいうのです
               が、今後テーマを各体癖別の特徴に移して行き、深遠で迷い込みやすい
               体癖の世界をご紹介していきたいと考えています。。

 
 2012.05.05.

   
★vol.5「身体あかり講座〜愉気、行気」を開催しました! 

               今回は愉気と云うものに、「季節の身体」のポイントを絡めて気が動いてゆく
               事、季節のポイントのラインに沿って変動も経過も進んでゆく事を実感して
               いただきました。
               行気法においても、この「季節の身体」の型によって気を集めたいポイントに
               自然に気が集注するような方法を採ってみました。
               お集まりいただいた参加者は、経験も年代もさまざまな層の方々でしたが、
               当方の心配もよそに、なかなか充実した愉気が出来ており、皆さん、会の
               終盤には、すっかりふわふわした側腹となり、今回の目的を見事に達成して
               おり、こちらが何だかビックリしてしまいました。
               人が集って、何らかの目的を持って気持ちがヒトツに成ると云うコトは、この
               ような「成果」が実現するものだと、今更に実感したものです。

  講習風景

 2012.06.30.
   
★vol.6「身体ゆらり講座〜活元運動」を開催しました! 

               活元運動の会としては三回目の開催となった今回は、少し踏み込んで
               動かない身体と云うものを取り上げようと構想しました。
               講義でもお話ししたように、90年代後半から出始めた傾向として、活元運動
               が出にくい身体、動きにくい身体と云う現実があります。
               このような動かない身体に対しての一つの回答として、活元動法と云うものを
               実習し、体験していただくことで、活元運動とはちょっと趣きが異なる動きを
               感じていただこうと考えたのですが、まったく活元動法について初心の方を
               導くのは、なかなか思うように進まないものです。
               結局、汗をたっぷりかこうと云う目的は、さまざまな相互運動を通して、ある
               程度、適いましたが「動かない身体」問題は、容易に解決させてくれそうに
               ない、と反省多き会となりました。
               参加者の皆さんには、身体のもつ精妙なはたらきである、無意運動を
               実感体験していただき、終わった後のあの、ボウっとした弛んだ感じを
               味わっていただけたものと信じます。


 2012.08.11.

   
★vol.7「身体めぐり講座〜体癖、体勢」を開催しました! 

               体癖講座としては2回目となる「身体めぐり講座」。
               今回は、季節の変化に伴い、体癖的な傾向が移り変わる「体勢」と
               云うものを大まかな主題として講座を進めました。
               体勢は、偶数、奇数種と虚実の変転をする身体の波のようなものです。
               その低潮、高潮の波が体癖的な傾向の変転となっているのです。
               立春を経た11日は次の波である「虚」の季節を迎えうる身体として
               偶数種の最も適った体勢体操の型をとりながら、お腹の「虚」の点を
               見つけ、静かに気を通すという実習を行ないました。
               「虚」であることは、ひたすら弛んでゆくことなのですが、弛みきることで
               妙な拘り(コダワリ)や頑張りや、頑なさ(カタクナサ)の残りかすが
               消えるのです。ある静かな清明さと云うものが、心に生まれます。
               そして、ゆったりした鷹揚さがみなぎるのです。
               弛みきれば、人は次に踏み出そうという意欲と運命を受け入れようと
               する神妙さを手に入れます。
               「虚」の季節の入り口で、まさに時宜を得た講座を開けたことを
               幸いに思いました。

  講習風景

 2012.10.20.
   
★vol.8「身体あかり講座〜愉気法」を開催しました! 

               愉気と云うものを、少し深めてみたいと今回の講座を構想しましたが、
               愉気と云うものが、身体の捌きと「型」と云うものを逃れられないという
               事実にまた、気づかされるという、、、
               やっつけ仕事では、敵わないなと改めて感じた講座となりました。

               捌きを型にするには、足裏を意識しなければ型とならない、。
               動作のすべての過程で足裏でこそ、愉気するように動く、、。
               身体が出来上がってしまえば知らず知らずに、容易に動作
               しているであろうこの身体の捌き方を、意識的に行おうとするなら
               なかなか手を焼くようです。
               現代の生活様式では、このような動きが皆無だからといえます。

               皆さん、四苦八苦しながら下体は窮屈で、上体は悠々、実の下半身、
               虚の上半身と云う愉気の型の初歩を体験いただけたと思います。
               
               








身体〜講座は、ひと区切りとして、次回からは
  新しく連続講座を
開催する予定です。
                                 





                                                   HOMEへ