PAGE4

◆2016年夏〜(7月〜)の処法

 ●洗毒行気法〜2016.07

                       PAGE1へ
                       PAGE2へ
                       PAGE3へ



◆洗毒行気法〜2016.07

 


  この梅雨明けの7月中、下旬くらいから首都圏関東地域
   
の人たちの虫垂突起の詰まったような腫れたような異常が
   
実に多く散見されるようになりました。
   
鬱滞ポイントも多く、そけい部や前面の腸骨のくぼみに
   
あって、時期的に腸の動きがポイントとなる時ではあります
   
が盲腸〜虫垂突起の放射能の影響による障害の表面化と
   
捉えるのがもっとも適切かと思います。
   
そこで今回、季節の体勢のポイントを活かした洗毒行気法
   
と云うものを考案してみました。

  
     
       (動画は3回リピートします)


   ◆ 手順

    

   @右腸骨のくぼみ外側に手を当て膝の下縁部と響きあう
    
ポイントを見つける。〜膝外骨のすぐ下と云うより
    もうひと畝下の下縁部に響く点があります〜
    響くという感覚は、プッと何か伝わる感じです。



    

  
 Aその膝のポイントを動きの中心として膝をくの字に
    腹の方に引き寄せてくる。
この時響く感じがより強い
    角度と開きで膝を引き寄せてくる。
    この時、腸骨のくぼみに手を当てない状態で行なうと
    意識的に集めようとしなくても、自然とますます注意が
    このくぼみに集まる感じがします。



    

   
Bより集注密度を亢めるため逆側の左足も右腸骨の
    外くぼみに響くよう膝をくの字に
引き寄せてくる。
    また左手も同じように響く位置を探しつつ工夫して
    置く。
    この時点で、すでにまったく意識していない虫垂
    突起
活点に気が自然集注し始めています。


    

   
Cさらに自然集注密度を亢めるよう左足の膝上から
    大腿前部のライン〜やや外寄りのラインです。
    膝蓋骨のすぐ上から始まり、ちょうどズボンのポケット
    がある辺りまで上がっていきます。泌尿器系であり、
    腸を刺激するラインです〜を押圧する。

   
 しだいに虫垂突起部に気が自然集注してきます。

   D体位を保ち、虫垂突起に気が自然集注していくのを
    感覚を注視しながら行気を続け、集注が亢まりきると
    体位が動き始め、最終的に手の位置、足の位置は
    まっすぐに戻ります。。










                                           HOMEへ